ブログ

ブログ

物販店は、明るければ売れるのか?

結論からいうと、半分正解で、半分は嘘です^^
どういう事かというと、明るいだけではダメなんです。
もちろん、薄暗いお店はもっとダメ。

想像してみて下さい。

あなたが、お店の前で思わず足を止めて、覗き込みたくなるお店って、どんなお店でしょうか?

照明は、お店の雰囲気に大きく影響しています。

どんな照明を使っているかで、お店の雰囲気はガラリと変わります。
明るさや光の当てかたを工夫すれば、お客様の恐怖心を和らげたり、付加価値を与える事もできます。

もっと言うと、照明は、来客数に影響を与える重要な要素。

つまり、売上に直結するという事です。

洋服屋さんの照明

ある洋服屋さんの照明です。
地下のフロアにお客様を誘導するために、照明を上手に使っていますね!
思わず地下に降りたくなってしまいます。
私も「kao pao shu」というバッグを買ってしまいました^^

軽視されがちな照明ですが、

商品をより良く見せるために、照明はとっても大事なんです。

福太郎さんの店舗照明 博多明太子で有名な、福太郎さんのカフェ&ストアの写真です。
ピンポイントで、見せたい部分がキレイに浮かび上がっています♪

そう、床の隅々まで明るくする必要はないんです。

ショーウィンドウの外から、覗き込みたくなる店舗って素敵ですね^^